「常に”あと一歩”の成長を目指しています」

葬儀業界も常に変化しています。業界の「当たり前」にとらわれず、お客様に喜んでいただけるサービスを提供すること、また私たち自身の成長のために、積極的に勉強会に参加しています。


「全員でお葬式を考え抜きます」
こわたりでは、全てのお葬式に対して全員で打ち合わせを行います。それは、ただの申し送りのための会議ではなく、参加する全員が故人様、ご遺族様のことを十分に理解するための時間です。相手のことを知ることなく、最高のサービス提供をすることはできないためです。
「最高のおもてなしを目指しています」
お葬式がない日には、社員でロールプレイングなどを通じて、施行レベルの向上に努めております。常に訓練をしておくことで、実際のお葬式の際に不測の事態が起きた場合にも対応ができるためです。
「良いものを提供することにこだわっています」
こわたりでは生花や返礼品を内製化しています。それは中間マージンによって商品のクオリティが下がってしまうことを嫌い、お客様には本当に良いものを提供したいと考えているためです。
「お葬式だけではないつながりを提供したい」
お葬式後に行うサポートの中で、相続に関すること、介護に関することなど、お客様は様々なお悩みを持っていることがわかりました。私達はただの
「葬儀社」ではなく、地域に住む皆様にとって必要な情報をお届けし、ご葬儀以外でも少しでもお役に立ちたいと考えております。

父親との絆、母親との絆、家族との絆、友人との絆
いろんな絆が存在する
そのどれもが大切なものであり、それはお葬式が終わろうとも続くもの
お葬式でそれを途切れさせてはいけない

お葬式は人生最後のセレモニー
感動させることが目的であってはならない
でも感動がなければ心に残ることもなくなってしまう
大切なセレモニーが記憶に残らないものにならないように
感動はなくてはならないものではないだろうか

お葬式はその人に携わってきた全ての人の感謝が行き交う場
そして亡くなってしまったその人が、会葬に来ていただいた全ての人に
感謝を伝える場
できる限りの感謝を形にしたい

絆・感動・感謝

こわたりが一貫して大切にするものです。

 
古渡 将也
(こわたり まさや)
古渡 孝枝
(こわたり たかえ)
長谷川 勝美
(はせがわ かつみ)
掛川 由美子
(かけがわ ゆみこ)
     
糸賀 久高
(いとが ひさたか) 
沼ア 明日香
(ぬまざき あすか)
前田 剛希
(まえだ ごうき) 
水野 奈菜子
(みずの ななこ) 
     
村崎 七恵
(むらさき ななえ)
高安 利治
(たかやす としはる) 
関谷 清水穂
(せきや みずほ) 
     

   
ホームこわたりについて葬儀の流れ会場案内・葬儀プランお問合せ蓮華の会会社案内プライバシーポリシー